【レビュー】枕にもなるペンケース「NEMUMI(ネムミ)」で寝不足を改善!!

枕にもなるペンケース「NEMUMI」 LIFE
スポンサーリンク

「筆箱や教科書を枕がわりにして寝る」

人生で1度や2度、経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

 

筆箱がペンでゴツゴツしている

教科書が堅くて落ち着かない!!

 

こんな「悩み」を経験した人も多いはず。

そんな「昼寝」にお困りの皆さんに今回サンスター文具から画期的な商品がついに2019年8月中旬に発売されました!!

その名も「NEMUMI(ネムミ)」

 

今回はこの新時代の文房具を紹介していきたいと思います!!

 

スポンサーリンク

NEMUMI(ネムミ)とは??

 

NEMUMI(ネムミ)は、先述の通り「枕にもなるペンケース」としてサンスター文具から発売されたペンケース(筆箱)のことです

このペンケースがあれば勉強や仕事の合間に、快適な仮眠をとることが出来ます。

「机が堅い」「なかなか寝付けない」という方にはぜひオススメしたい商品です。

 

3種類の「寝心地」が選べる!!

 

この文房具のすごいところは、3種類の枕の堅さから自分に合う堅さのものを選ぶことが出来るんです!!

「もこふわタイプ」は表面がふわふわしていて肌触りが良く、クッションもかなり柔らかくなっています。イメージとしては「ぬくぬく」できるクッションですね。ソファで寝るのが好き!という方は特にコチラがオススメです!!

「さらもちタイプ」は、表面がすっきりさらさらで質感が良いです。さらに弾力性が強いので、低反発マットレスに寝っ転がっているような気分になれます。普段の枕が少し硬めという方はコチラがオススメです!!

「ちょいカタタイプ」は、表面はよく見るクッションと大差ないですが、反発性が少し強く、形状維持力があるので、例えるならホテルの枕みたいな感覚です。普段から硬い枕を使っている人にはコチラがオススメです。

 

 

気になるサイズはどのくらい??

 

多くの人が使っているペンケースよりも3周りぐらい大きいですね。他の日常商品と比較すると、少し大きめの単行本、あるいは大きめの長財布と同じくらいのサイズ感です。

 

公式サイトの製造サイズはこちら

W200×H115×D55

 

昼寝をするには十分なサイズになっています。

 

文房具は入るの??

 

文房具を入れたイメージはこんな感じ。

左側のポケットにはボールペンが大体10本入ります。

右側のポケットははさみや付箋、消しゴムなどを入れることが出来ます。

ペンケースとしては申し分ないサイズだと思います。

しかし普段カラーペンを多めに入れている人やシャーペンやボールペンなどを多く持っている人は容量が小さめと感じると思います。

ペンを多めに入れておきたい人は別のペンケースを用意するのがベストです。

 

「NEMUMI(ネムミ)の値段は??

気になる値段はコチラ!!

1,480円(税抜)

 

一般的な筆箱とあまり変わらない価格です!!

安いので試し買いもアリですね!!

少し高めの本格的な昼寝用のクッションを買う前の練習としても使えると思います。

「休憩」「仮眠」「寝不足」に困っている方はぜひ参考にしてください!!

 

 

まとめ

自分の寝心地に合わせて3種類の枕から選べるのがポイントですね!!

低価格なので、本格的な昼寝クッションを買う前の練習としてもオススメできます。

勉強や仕事の合間の仮眠は「パワーナップ」といって、眼精疲労や肩こりに効果があるとされています。ぜひこの文房具で、午後を有意義に過ごしましょう!!

 

参考文献

▽枕にもなるペンケース

http://www.sun-star-st.jp/campaign/standard_stationery/nemumi_pencase/index.html

▽【新製品】枕にもなるペンケース「NEMUMI(ネムミ)」

https://www.buntobi.com/articles/entry/news/009907/

▽枕になるペンケース「NEMUMI」

https://ochishiba.base.shop/items/22702664

 

※画像引用もこれらのサイトからしています。

 

 

LIFE SLEEP
スポンサーリンク
シェアする
エン様をフォローする
スポンサーリンク
エンナビ!

コメント